外国人技能実習生の問題点は

外国人技能実習制度は、外国人が日本での技能を学ぶことを目的として行なわれている制度です。現在の日本では労働ビザを取得するのはハードルが高いものであり、また受け入れ体制もほとんど整っていません。

一部の大手企業では企業が仲介者となって労働者として多くの外国人を雇用していますが、中小企業が受けいれられるような体制はないのが現状です。

カンボジアの外国人研修生関連情報サイトです。

しかし、この制度を利用することで中小企業でも希望すれば専門の組合や機関に依頼して主に東南アジアからの若い労働者を募集し受け入れることができる制度になります。

ただし、外国人技能実習にはさまざまな問題点もあります。


ひとつは、受け入れ企業の常勤職員20名に対して研修生は1名であることや、研修生の滞在期間は3年と短く再び雇用するといったことができません。

このため継続的な技術者として雇用することが出来ない点があります。

また技能実習という性質上、付ける職業も制限されています。
また受け入れる側は、研修生の生活を見る必要があり、ひとつは住居を提供する必要がありますし、必要に応じて日本語教育を行う必要もあります。

カンボジアの研修生の情報を利用しない手はないです。

このため中小企業にとってはやや負担の大きなものになります。

一方で外国人技能実習生を受け入れるメリットとしては日本語の不自由な相手に対して適切な仕事をさせるためにマニュアル作りをすることになり、作業効率そのものをアップすることができるという点があります。



また短期間で入れ替わることで職場での刺激を与えることができます。